エイジオブエンパイア2 キャンペーン攻略 マンジケルト 

マンジケルト(西暦1071年)

元ネタ:マンジケルトの戦い

目的
・ガラティア、ピシデイア、カッパドキアの町の中心を支配して貢物を取り立てる。
・ビザンティン軍を破る。
(サラセンの4つの塔を破壊して同盟軍が金を採掘できるようにする。)
C4-4.jpg

敵勢力
カッパドキア(赤) ラクダ騎兵
ピシディア(緑) 騎兵、弓騎兵、投石器
ガラティア(黄) 石弓射手、スコーピオン、軍兵、聖職者
ビザンティン(青) カタフラクト、長剣剣士、長槍兵、聖職者、破城槌

C4-4-2.jpg

 ビザンティン軍と戦う前に3つの町を占領して資源を献上してもらうというステージです。
 なので基本的に自軍での内政は出来ません

 まず最初に近くのカッパドキアから。
 ここは駱駝が少数、塔や門が各地で守っているだけ。
 駱駝を撃退したら破城槌突撃させて中心までの導線を確保していきます。
 町の中心を破壊するのではなく、中心横に自軍のユニットを配置することが占領のトリガーとなっています。

C4-4-3.jpg

 なぜかガラテイア攻めているときにビザンティンの大軍が自軍戦闘基地を攻めてきました。
 恐ろしかったので無視したら、自軍が廃墟になってしまった…

 占領していくのにはそんなに兵の消耗はありませんし兵生産施設も手に入るのですが、、ビザンティン軍の攻撃でユニット最大数が25体になってしまったのは痛い。

C4-4-4.jpg

 ビシディアは門を通って騎兵突撃させて中心行くだけで大丈夫でした。
 なのでほとんど戦闘も無し。

C4-4-5.jpg

 西側のサラセンの塔を破壊すると占領した町の人が金を掘ることで資源の献上量も増えるようです。
 いくつか投石器がないと破壊出来ないものがあるので、破城槌で破壊出来るものは破壊しておいて、残ったものは破城槌を盾にして投石器で攻撃、というのが定石でしょうか。

C4-4-6.jpg

 ビシディアは城や塔で守られた要塞です。
 最低でも3体の破城槌は必要となると思います。
 サラセンの時に使った投石器も追従させて、門内側から撃ってくるスコーピオンや射手を撃退しましょう。
 もちろん城の攻撃は破城槌に集中させておいて。
 門は固定されているので、空いた瞬間的歩兵が出てきますが、自軍の騎兵隊で中心まで突っ込むと無事占領出来ます。

 ガラティアが手に入ると城が手に入るので、ユニット最大数も増えます。
 全ての町を占領すると自軍が帝王の時代に入りますので、ユニットの強化も出来てビザンティン攻めも可能になってきます。

C4-4-7.jpg

 資源を自軍で採取しまくることが出来ないので、物量ではなく少数精鋭で攻めたほうが良いのではないでしょうか。
 敵のカタフラクトは万能なので手ごわいですが、ビザンティン軍は城主の時代までなので勝てます。
 金脈多く所持しているので敵兵の生産もなかなかのものです。
 基本的に相手の城は遠投投石機で破壊し、カタフラクトには重装らくだ、長剣剣士と長槍には近衛剣士、聖職者にはハサーで倒すのが良いかも。
 敵の町を廃墟にしたら、ゲームクリアです。

 少し反省ですが、最初のビザンティン軍の自軍への攻めには、無理してでも対応した方が良かったかもしれません。
 市場あると資源の交換出来るし。
 なお、ガラティア攻めると教会が手に入るので聖職者でサラセンの町の人転向したりしても面白い?
web拍手 by FC2

0 Comments

Leave a comment