2016年北関東旅行 5日目 八溝山 

 八溝山は福島県と茨城県の県境にある300名山の一つで、茨城県最高峰の山でもあります。
 標高は1000mくらいですが、古来から信仰の対象の山で、中腹に日輪寺、山頂に八溝神社があります。
 一応山頂まで車道が通じており、晴れた日には気軽に展望を楽しめることが出来ますが、流石にそれは登山として面白くないので、登山道が整備されている南側中腹から登ることにしました。

関連記事
1,2日目 荒船山、富岡製糸場
3日目 榛名山
4日目 赤城山、日光東照宮

6日目 富岡町
7日目 大滝根山、白河
5日目 八溝山


P5030170.jpg八溝山
P5030172.jpgP5030171.jpg

 登山口は山頂に向かうまでの車道脇にあり、駐車場も少しだけあります。
 車道は急傾斜ですが舗装されているので、バイクでも難なく通ることが出来ます。
 この日はかなりガスっていて、木々の葉から雫がたれ落ちてさながら雨のようでした。

P5030173.jpgP5030174.jpg
P5030175.jpgP5030176.jpg

 山頂まで車道が通じている割には、登山道は綺麗に整備されています。
 特に迷うところも危険なところも無いので、清浄な空気を吸いながら気持ちよく登っていくことが出来ます。
 途中、沢にはわさび田のような場所もありました。
 八溝山は湧水で有名なようなので、豊富で綺麗な水を使って栽培していたのでしょうか。

 寺社の領域だからか、やはり杉が多いですね。
 一応太陽はしっかり昇っている時間なのに、ガスと杉林のおかげでかなり薄暗いです。
 少し登っていくと日輪寺に到着。
 一応御朱印もらったりすることは出来るようですが、このときはまだ時間が早かったので開いていませんでした。

P5030177.jpgP5030178.jpg
P5030183.jpgP5030181.jpg

 日輪寺を超えて尾根上の道に差し掛かると、笹と広葉樹の森林になります。
 途中、銀性水という場所がありましたが、枯れていました…。

 緩やかな道を登っていくと、八溝神社に到着です。
 車もいくらか停まっておりますが、霧が濃いのでみんな車内で待機していました。
 神社には社務所は無く、本殿とお城のような展望台があるのみです。

P5030182.jpgP5030184.jpg
P5030185.jpgP5030186.jpg

 本殿の後ろには八溝山頂(1022m)があります。
 まあ、地味な山頂でしょうか。霧が濃いってのもあるけど。

 ちょっと寒いのであまり休憩せずに下山開始。
 下山道は谷沿いの道を選び、八溝の湧水群を堪能することにしました。

 龍毛水、鉄水、金性水などがあり、どれも冷たい水が湧き出ています。
 中になんか鎖のようなものがあり、「ここには鎖でも奉納する文化があるのか?」と疑問に思って触ってみると、ブニブニしていました。
 あっこれ、蛙の卵やんけ!うへぇ、生みすぎぃ!

登り:1時間、下り:35分
累積標高差:約260m


P5030187.jpgP5030188.jpg
P5030189.jpgP5030191.jpg

 この後は全国一宮に選定されている神社を巡りながら、さらに東北を目指すことにしました。
 まず最初にやってきたのは、八槻都々古別神社です。
 「都ヶ古別」だなんて初めて聞いた言葉です。
 八幡とか稲荷とか熊野とかそういうのは色々聞きますが、こんな言葉は初めてだ…

 やはり雰囲気は静謐なものがあり、近くに国道が通っていますが境内に入ると雰囲気が異なります。
 趣のある社務所で御朱印をもらって、参拝終了。

P5030192.jpgP5030194.jpg
P5030197.jpgP5030198.jpg

 次は近くにある馬場都々古別神社です。
 ここも同様に雰囲気のある境内で、新緑の時期なので周辺にある野草がなかなか美しく見えました。
 地元民になったら、こういうところで日がな一日ぼーっとしたいものだ。

 なお、ここでは境内の外で御朱印をもらうようです。
 まあ鳥居のすぐ傍なので特に移動する必要も無いのですが。

P5030199.jpgP5030201.jpg
P5030204.jpgP5030205.jpg

 最後に石都々古和気神社に行きました。
 どの神社も陸奥国の一宮であるようですが、関係性はいまいちピンと来ません。

 福島県石川町役場のすぐ傍にあります。
 このときは拝殿すぐ横の駐車場辺りで工事をしていたので、役場の駐車場にバイクを停めて参拝しました。
 役場からだと結構階段を登ります。
 昼前になると日照りでかなり気温が上がり、身体がなかなかついていけませんでした…。

 拝殿で拝んだ後、道路脇にある社務所で御朱印をもらって参拝完了。

P5030207.jpg

 6日目には福島第一原発近くまで行くつもりです。
 この日は隣村である川内村で一日を過ごすことにしました。

 川内村中心部にはかわうちの湯という立ち寄り湯があります。
 料金は700円ですが、内部はかなり綺麗で無料休憩所も広いです。
 浴室も露天風呂等が揃っており、大変満足のいくものとなっています。

 原発の事故(事件?)時にはお客さんの数もかなり減ったようですが、今は結構多いです。
 でも、どの車も福島県内ナンバーばかり。
 やはりこの辺りで宿泊しようとする県外民は少ないのか、否か。

6日目 富岡町に…。
web拍手 by FC2

0 Comments

Leave a comment