アニメ版ニアアンダーセブン 5~8話 感想 

雑記
 人生は流れゆく
 定まったものは何一つ無い

 そういう感じで生きています。

NieA_7 弐 [DVD]NieA_7 弐 [DVD]
(2000/08/25)
宮村優子、川澄綾子 他

商品詳細を見る
NieA_7 参 [DVD]NieA_7 参 [DVD]
(2000/09/22)
宮村優子、川澄綾子 他

商品詳細を見る
5話 宇宙人と、激枯アミューズメントの湯
 アーケードゲームをかっぱらってきて、ゲーム大会を開く回です。

 いつもそうだけど、やっぱりこのアニメはよく動くしテンポ良くて、見ていて純粋に楽しいですね。
 雰囲気的に、普通にゴールデンタイムとかでやれそうな内容だなあと思ったりします。
 夕~夜くらいにへんてこ日常系アニメとかやってくれれば、もっと一般人にもアニメが浸透するのに!と思いませんか?

 まゆ子とカーナとゲンゾー君の関係は、カーナが無理やり三角関係にしようとしていますね。敵とあらば全力で叩きのめすその性格、捻じ曲がっているけど端から見る分には面白い。
 でも実際に関わりたくは、ない…

 そんなこんなで、今日も平和にまゆ子たちは貧乏生活を送るのでした♪
 …こういう日常こそが、この物語の意味を説明する材料となるのか


6話 宇宙人と、ライバル銭湯の湯
 ライバル銭湯を叩き潰す(?)回です。

 ライバル銭湯が登場したとわかった途端、共存とか住み分けとか一切考えずに、叩き潰す選択肢しか存在しないコトミさんの思考回路は素敵です
 まゆ子の、ニアに対する態度とそれ以外への態度の違いも、今回も面白かったですわ。本当のまゆ子はどっちなのか、と言いたくなるけど、一視聴者にとっては両方面白い。
 最後に、何だか気持ちがよくなる葉っぱが温泉に入っていて、営業停止になったというオチでしたが、図鑑にモザイクかけても○麻だってはっきりわかるじゃねえか!
 

7話 母船と合コンと曇り空の湯
 タイトルにもあるように、今回は今までと違って曇り空な雰囲気です。

 ニアが屋上で母船の電波らしきものを受信しますが、これって普通に考えれば、ものすごく『別れフラグ』ですよね…。
 ニアとの騒がしい日常が終わりに近づいている、ということを予想する視聴者は少なくない、というかほとんどじゃないか?
 
 まゆ子が合コンに誘われて行こうとしますが、嫌々なのが見てとれます。
 服や髪がみんなと同じように華やかではないから、というのが表面的な理由であり、貧乏が悪いようにも見えますが、元々まゆ子の心の奥底ではやる気はなかったようにも感じますね。
 周りに流されたり、状況に甘んじたりしてしまうことは、端から見れば情けないかもしれません。しかし言うが易し、強い自分を維持したりするのって、結構大変ですよね。
 明確な将来の夢が未だ描かれていないまゆ子だからこそ、今回の合コンはちょっと大きな意味を持つことになるのでしょう。本当に、端から見れば小さいことなんですけどね。


8話 ゆーうつと、夏のぬけがらの湯
 まゆ子がニアに八つ当たりしたり自己嫌悪に陥ったりするような回。

 いつも能天気で誰に対しても分け隔てない態度を示すニアと、その真逆のような性格のまゆ子が対照的でした。
 いつ二人が本気で嫌い合ってしまうのかと、ドキドキしていました。自由でどこででも生きていけそうなニアですから、まゆ子を嫌いになったらすぐにでもどこかに行ってしまいそうに思います。
 ニアって、まゆ子のことをどう思っているのでしょうか?飯をくれるだけの人?それとも自分の家(だと勝手に思っている)に住む居候?友達?

 まゆ子はニアに強い口調で、「お気楽で能天気なあんたは羨ましい」と言い、ニアは「じゃあまゆ子もアンダーセブンになれば?」と言い、まゆ子は「そんなことになったら私の人生はおしまい」と反論します。
 このやりとりも、まゆ子の人生とか性格とか、はたまたレールに乗って生きている人たちに全てに通じるものを持っていますね。
 そうですね結局は、何の為に我慢しているのか、自分の本当にやりたいことって何か、ということなのですかね。
web拍手 by FC2

0 Comments

Leave a comment