未来日記4~6巻 感想

雑記
 引越し準備中…

未来日記 4 (角川コミックス・エース 129-8)未来日記 4 (角川コミックス・エース 129-8)
(2007/10/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る
未来日記 5 (角川コミックス・エース 129-9)未来日記 5 (角川コミックス・エース 129-9)
(2008/02)
えすの サカエ

商品詳細を見る
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
(2008/06/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る

4巻

IMGP4642.jpg 4巻では日記所有者以外の新キャラが多く登場します。高坂みたいな純粋なクソ野郎と一緒に行動するようになるってのは、案外他の漫画には無い展開かも。
 大阪弁の日向はいいっすね、はつらつとしていてそれなりに優しいし。第一、おっぱいが大きいし!由乃が「しね」の文字を書きまくるのもわかるわ…(いや、わかってたまるか)
 日記非所有者の中ではかなりくせ者らしい秋瀬も登場。この飄々とした感じ、容姿、ユッキーへの想いとか、これ確実にエヴァのカヲルじゃねえか!おそらく作者も「そうですが、何か?」的なスタンスでやっているんだろうけど。
 4巻ではユッキーが『彼女宣言』をして終了。ヤンデレに擦り寄ってやるっていう展開は面白いのですが、暴走しそうで不安すぎるよ…。


5巻

IMGP4643.jpg 5巻は刑事の来栖との決着。彼の変化がものすごく唐突だったと感じたのは、私だけじゃないはず…。息子の容態がひどくなったことがきっかけのように考えましたが、いったん神になってから助けるつもりだったようだし…。
 警察隊を操る権力を持つ来栖はかなり強力ですが、由乃たちの前では警察使いものになんねーな…。みねねにすら逃げられてどうするよ!基本的にこの漫画、一般人が弱すぎるような気がします。
 DEADENDも、「詰み」の状態であるはずなのに、何度も普通に覆っています。こんなに捻じ曲がっているとDEADENDの意味無いじゃないか!
 
 みねねの言葉は、今まで目の前の脅威を退けてきただけのユッキーを変えてしまいそうなものでした。誰かに頼って助けられるのは、これで終わり?この後は雪輝が積極的にゲームに関わってくるという、転回点?

6巻

IMGP4644.jpg 6巻の表紙は首輪で繋がれた雪輝と、余裕の表情をした由乃。ユッキーは可愛いなあ!いじられ系ベクトルで。
 5巻で感じた、来栖の展開の急さは、ムルムルの仕業だったらしい。ムルムルは単なるゲームマスターじゃなかったり?でもDEADENDが覆ることにも関与している?
 しかし雪輝と由乃は付いたり離れたりしまくっていますね。大抵は由乃がいらんことしでかすからだろうが…。おかげで1巻からずっと、雪輝にとっての由乃は『利用せざるを得ない存在』のようになっています。二人の関係は、進展しているのか?
 高坂の家はかなりでかいようですが、敷地内に電波塔があり、機能停止になると携帯電話が使えなくなるって、どんだけ敷地広いんだよ…。山奥でも結構電波は入ってくるというのに…。設定を電波のジャミングとかにしたほうがよかったんじゃないかと思ったり。

 日向がロープで縛られているシーンは、良かった…。私はロープとか帯とかで胸が強調されているのがかなり好きなんですよ!(ゲス顔)
 後、下ネタに弱そうなところもGood!

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

web拍手 by FC2
同じカテゴリの記事(ランダム)
コメント
コメントの投稿
はい!