四国遍路 20日目四万十市~大岐海岸 

20日目

IMGP3794.jpgIMGP3795.jpg

 携帯電話で台風再接近の時間を調べてその時間警戒していましたが、テントと東屋をロープで繋げたのが功を奏したのか、被害は無しでした。たまにテントがたわむくらいです。
 というわけで風が弱まってきたときに出発。テントの下に水から逃れようとしているミミズが数匹いて少し気持ち悪かった…。
 しとしと雨の中出発。順調に進み、四万十川も無事に横断。足摺岬方面へ向けて歩いていると、少しずつ晴れてきました。

IMGP3797.jpgIMGP3798.jpg
IMGP3799.jpgIMGP3800.jpg

 しとしと雨が止んで、どんどん青空が見えるようになって来ました。台風の後に晴れると、ただのアスファルトでさえ青く見え、濡れた草木が光を反射して輝く様子が見られます
 台風の中を歩くことも、台風が過ぎ去った後に町を歩くことも普通の生活の中でほとんど無いことでしょう。こういう偶然の美しさを見ることが出来、そして日常の中にある芸術に気づかせてくれたというのも遍路旅で得られたものの一つです。
 台風後の美しい田舎道を歩いて、岬を目指します。

IMGP3801.jpgIMGP3802.jpg
IMGP3804.jpgIMGP3805.jpg

 基本的にずっと田舎道。下ノ加江周辺にあるチェーン店はスリーエフくらいです。日本のどん詰まりっぽい高知県の中でもさらにどん詰まりっぽいな、足摺岬エリアって…。
 しかし、自然の美しさは格別です。荒々しい海岸線、あまり高くない山並みなど…。寂しい場所かもしれない、だけどこれで十分なのかもしれない。

IMGP3806.jpg

 ギザギザの海岸線が続いていた中で急に現れるのが大岐の浜。白砂青松の美しい砂浜です。駐車場にもいくらか人がいてぼーっと佇んでいたりするほど、なかなか人気のあるスポットのようです。
 野宿地は浜近くにあった空き地。この日の晩は中秋の名月だったらしく、そのためものすごく月の明るい夜でした。夜中でもヘッドライト無しで普通に歩けますからね。あまり明るくない街灯くらい明るかったかも?

歩行距離:約29km

椿の咲く日まで―骨髄バンクと土佐清水の仲間たち椿の咲く日まで―骨髄バンクと土佐清水の仲間たち
(2002/05)
秦野 純一

商品詳細を見る

5 Comments

Akemi  

椿の咲く日まで

四国遍路の旅の途上で『椿の咲く日まで』という本にめぐりあわれたようですが、どこでお見つけになりましたか。「民宿久百々」さん、「海癒」さん、土佐清水市立市民図書館、画家濱崎さんの「アトリエ・レイン」には置いてあるはずですが、そのほか、あんまりこれを見られる場所はないのではないかと思いますが。著者が無名作家ですからね。でも、その本に描かれている「ドロちゃん」のボランティア精神には、敬服します。私の今日のブログにも紹介しましたよ。

2013/01/30 (Wed) 10:27 | EDIT | REPLY |   

めけもんど  

Re: 椿の咲く日まで

>Akemi様
この本を記事に載せている理由は実は、
土佐清水市に入った→これに関する商品を適当にブログに載せておこう→amazonで「土佐清水」で検索→発見
というだけで、まだこの本を読んではいないのです…。興味はあるのですが。

2013/02/03 (Sun) 18:50 | REPLY |   

Akemi  

ドロちゃんの勇気に感動

『椿の咲く日まで』は、四国八十八箇所をめぐる骨髄バンク宣伝自転車ラリーにともなって土佐清水市を訪れた大谷貴子さんの講演に触発されたドロちゃんこと泥谷(ひじや)光信さんが、率先してドナー登録しようと周囲に呼びかけて、本人自身が土佐清水市第一号の骨髄提供者になるまでの三年間を追いながら、骨髄バンクを解説した本です。ちょうど昨日、市川団十郎さんが亡くなったニュースが流れましたが、彼も、骨髄移植で白血病と闘いながら、骨髄バンクの普及に貢献されました。ドロちゃんは、今年のお正月明けに、土佐清水市長選への出馬を表明されましたが、彼のような行動力と勇気のある人に、市長になってもらいたいものです。本の中には、ドロちゃんの活動の精神的な支えとなった、土佐清水市のアマチュア童話作家・故和泉省作さん(惜しくも骨髄バンクが間に合わずに、白血病で亡くなった)の遺作も紹介されています。

2013/02/05 (Tue) 17:24 | EDIT | REPLY |   

めけもんど  

Re: ドロちゃんの勇気に感動

> Akemi様
ご紹介ありがとうございます。

2013/02/06 (Wed) 18:44 | REPLY |   

Akemi  

ドロちゃん土佐清水市長に!

5月26日に投票、即日開票された土佐清水市長選挙で、ドロちゃんこと泥谷光信さんは、現職と新人の2人をゴボウ抜きに破って、みごと当選なさいました。「有言実行」をモットーとするドロちゃんなればこその快挙。さすが、土佐清水からわざわざ岡山県まで出向いて骨髄提供者になったほどの人だけある!

2013/05/29 (Wed) 18:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment