2012年スペイン旅行 7,8日目 帰宅&総括 

 超早朝にホテルを出発し、マドリッドの空港でドイツのフランフルト空港を経由して日本に帰りました。
 マドリッド→フランクフルトの便では窓際の席に座れてアルプスの山々を見下ろすことが出来たわけですが、その景色は私の生涯の中でもかなり印象的なものになりましたよ。こんな景色があるのか…と思いましたよ。今までテレビなどでしか飛行機からの景色を見たことが無かったのですが、今回初めて見たのでかなり感動。
 ドイツの自然だとか地形だとかも飛行機の窓から見たのですが、やはり平原が多く、そして町と町が離れていたりして、同じような地形でも人の密度にはばらつきがありました。RPGみたいやで…!

関連記事
1,2日目 バルセロナ
3日目 モンセラット
4日目 グラナダ
5日目 マドリッド
6日目 トレド
7日目

IMGP3339.jpg フランクフルト空港では5,6時間も乗り継ぎ時間があって暇でしたよ…。どんなものが売っているかを見たり食事を摂ったりしましたが、それでも暇だった…。
 日本行きの飛行機には日本人ばっかりで、あんまり海外らしさがありませんでしたが、だからこそ安心感というものも感じられましたね。
 日本行きの飛行機の中もやはり日本人ばかりでしたが、今回のスペイン旅行を踏まえて正直言うと、日本人ってそんなにマナー良くないよね?日本のマナーって単に、アジアの中ではとか、非欧米の中ではとかで良いだけで、欧米とかと比べたら別に…、ってくらいなのかなと今回のスペイン旅行だけでは思いましたよ。もっと何回も海外旅行して、何人でも客観的に見れるようになったらこの考えも変わるのかもしれませんが、とりあえず私はこのとき、そう思いました。

8日目
 時差の関係上、スペインのホテルを出発して24時間経ってないのに日が変わってしまいましたよ。
 
 日本の中部国際空港に着いたのは、朝9時。空港の中はやはり日本語だらけ日本人だらけ。日本に帰ってきちまったんだな…という想いがひしひしと!でもやっぱり出身国。興奮はなくなったけど安心感でいっぱいでした。
 そして空港から名古屋に続く電車の中も何とも日本的でですね…。いや、ほんとのどかで、言い方変えれば無用心でもあるのですが…。こういう、自分がいる場所ののどかさとかも感じられるのが、旅行の醍醐味でもあるのですよ。「健康なときは病気のときの苦しみがわからない」という意味で。

 名古屋から地下鉄乗って自分の部屋に帰って終了。人生で2度目の海外旅行、おわた…。


総括

スペインIMGP3340.jpg 

今回の旅行の結果
期間:5泊8日(機中1泊、電車1泊)
使用金額:パック代金20万円+約350ユーロ
観光した世界遺産:サグラダファミリア、グエル公園、アルハンブラ宮殿、アルバイシン地区、トレドの5つ

 人生ではじめてのプライベート海外旅行・ヨーロッパ旅行となりましたが、得られるものはいっぱいあったよ!

 「スペインはスリ多い!首絞め強盗なんてものもある!」とよく言われているので、まずは治安から言及しますが、普通に用心していれば(電車内では貴重品を意識する、暗くなったら狭い路地に行かない)、特に気をつけるレベルではありません。日本と同じような無用心さを見せ付けず、ただ普通に「私たちは今、海外旅行をしているんだ!」という自覚を持っていれば普通に大丈夫です。
 次に物価ですが、飲食店は日本レベルで、スーパーなどで売っている生鮮食品は日本よりかなり安いです。「スペインの物価は日本より休め」という情報を出発前には持っていたのですが、それは商品とかによります。平均すると日本より安いのかもしれませんが、旅行者にとってはそんなに安くはないかと思います。
 スペイン人は、基本的に気さくで親切です。今回の旅行では悪いやつとかマナー悪いやつとかは見ませんでした。「スペイン人は適当」というイメージがあるかもしれませんが、私としては適当の良い意味である「大らか、寛容」のほうだと思います。


 スペインは日本からかなり離れていて、アジア圏よりも物価は高めなため、「支払い金額以上に楽しめるのか~?」と懐疑的でしたが、結果的には行って良かったです。自分の目で色々な文化や自然を見ることで、自分の人生どう生きるか?という疑問に何かしらのヒントを与えてくれたように思えました。
 今回はツレと一緒に行ったわけですが、今度は個人でバックパッカー的な旅行もやってみたいかな~と思います。まあでも、海外も面白いけどやっぱり日本も面白いので、無理に海外行かなくても良いんですけどね。ただ、今回の旅行で、自分の行き先候補に「海外」が追加されることになりました。
 

現代スペイン読本 知っておきたい文化・社会・民族現代スペイン読本 知っておきたい文化・社会・民族
(2008/11/29)
川成 洋

商品詳細を見る
web拍手 by FC2

0 Comments

Leave a comment