ユリア100式10~12巻 感想&総括

雑記
 新しい何かを作ったって、それを上手く社会に適用させなくちゃ作った甲斐が無いよな…


ユリア100式 10 (ジェッツコミックス)ユリア100式 10 (ジェッツコミックス)
(2009/07/29)
萩尾 ノブト、原田 重光 他

商品詳細を見る
ユリア100式 11 (ジェッツコミックス)ユリア100式 11 (ジェッツコミックス)
(2009/11/27)
萩尾 ノブト、原田 重光 他

商品詳細を見る
ユリア100式 12 (ジェッツコミックス)ユリア100式 12 (ジェッツコミックス)
(2010/03/29)
萩尾 ノブト、原田 重光 他

商品詳細を見る

10巻

img039_20120218164747.jpg 9巻で瞬介は一応婚約者のまりあと結婚しましたが、そのことでユリアが「自分は邪魔者じゃないか」と悩む話から始まるこの10巻。人間と非人間の愛の話って、ものすごくシリアスに出来そうなものなのですが、この漫画ではやっぱりバカな方向に突っ走っていきます。楽しいから良いけど、ホントにこんなんでいいのかー!?ってよく思いますよww
 105式のジュリアは遂に良夫にインプリンティングされることになりましたが、そんなに変化なし。でも、何か「愛」らしきものに目覚めたようで。しかし、このくらい高性能なダッチワイフがあったら少子化はガンガン進んでいくな…、いやまあこの漫画ではそういうのはナシの方向で。
 10巻で最も面白い話は、仮装大会の話でした。珍しく今回はユリアが率先してむちゃくちゃにしていくというのではなくて、単なる「事故」でした。そんな「事故」だというのに、結果的に故意とほぼ変わらない、むしろ今までの故意以上にヒドいことになったのが面白かったです。

11巻

img040_20120218164747.jpg 11巻ではまりあとユリアが、瞬介無しの二人っきりで絡む話が面白かったですよ。居候と婚約者って…修羅場になりそうで怖いわ~と思っていたら、二人ともそんなに相手のことを嫌っていたりしないような微妙な間柄だったので、大丈夫だったようですね。ギャグ漫画について深く考えるのはよしたほうがいいかもしれませんが、まりあってやっぱり基本的に良い人ですね。女向け漫画のようなドロドロしたものが一切ないから、ある意味癒される…。
 ユリアと知り合いになったばかりの男との絡みを、瞬介が目撃してしまうというような話もありましたが、やっぱりドロドロした展開にはならないという、ね。

12巻

img041_20120218164746.jpg 最終巻です。最強のダッチワイフ、「ユリア1000式」が登場しますが、基本的にいつも通りの雰囲気で、バカっぽく進行していきます。
 最終話ではユリアと瞬介とまりあが主役で、それまでのユリア1000式の話でこれまでのキャラクターが総登場するという感じですね。しかし総登場すると言っても、ストーリー上で少し出てくるだけで、エピローグとか一切なしというのが寂しかったな…。良夫とジュリアはこの先どんな生活送るんだ!?とか、ユリンは成長していけるのか!?とか、ルーシーはそのままアイドルになるのか!?とか色々思うことはあったんですけどね。
 最終話は…何とも言えない。ちょっと急展開すぎじゃないかなとか思ったり。


総括
 まず一言言うと、この漫画は正真正銘のお馬鹿漫画です。ものすごい技術が使われたダッチワイフが登場しますが、SFとかそういうのは無いです。ただひたすら馬鹿なことをやり続けるギャグ漫画。設定的にシリアスにも出来そうですが、やっぱりそういうのは無しの底抜けに明るいストーリーとなっています。落ち込んでいるときとかに読むと、「あれ?俺って何に悩んでいたんだっけ?」と忘れてしまえるほどに。
 ギャグ漫画として目新しいのはやはり、主役が「高性能なダッチワイフ」で、それを説明する「マニュアル」ですね。マニュアルが載っているおかげで、ただの「高性能」が「馬鹿みたいに高性能」だと思えるというのがなかなか面白かったですよ。
 後、下ネタがものっそい満載でしたよ。男ならかなり笑えると思いますが、女に見せたらドン引かれるんじゃなかろうかwwまあ見せないから良いけどね!

 基本的にこの「ユリア100式」ではユリアと瞬介が主人公ですが、この二人の関係ってどのようになっていったんだろうか?瞬介は男から見てもIKEMENな心を持つ男で、まりあに嫉妬されるようなことをよくしていますけど、それはユリアを路傍に捨て去ることができないという優しい思いから来ているわけで、全く悪くはないんですよね。ユリアは瞬介にSEX(挿入)を迫ったりしていますが瞬介はいつも跳ね除けて、まりあとの婚約を守ろうとしています。そんなことが毎回あってもユリアを邪険に扱ったりせずに、一線を越えずに仲良く生活しています。
 最終話を読んでも、結局瞬介はユリアに対しては異性としての「愛」を告げていないので、瞬介のユリアへの想いにはわからないものがありますね。瞬介は真面目だからこそ、あまり強く感情的にもならないし、みんなにとって一番の選択をしようとしているんだと思いますが。
 優柔不断のようにも思える瞬介ですが、じゃあ、二人の女性に愛されていたとしたらどちらを選ぶか?だなんていうのは、基本的に男にとってかなり難しい問題。あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たずですから、どうせならみんなが良いと思える選択をしたいと思うのが多分普通。瞬介は優しいから、ユリアにもまりあにも幸せになってほしいと思ったから、強いことを言えないままにこの漫画は終わったのでしょうね。

1~3巻
4~6巻
7~9巻

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

web拍手 by FC2
同じカテゴリの記事(ランダム)
コメント
コメントの投稿
はい!