小説「豊臣秀吉」 7巻 感想 

雑記
 「自由に行動しても良いよ」と人は言うけれど、本心ではやってほしいことがあるようだ。
 やってほしくないことをしようとすれば、難癖つけて行動を修正させていく。
 自分の望む方向に向くまで、何度も


7巻

 7巻は大坂城の築城から、豊臣性になるところまで。ハイライトは、小牧・長久手の戦いです。
 7巻のあらすじは、まず秀吉は当初の予定だった大坂城築城の計画を変えて、ものすごく大きな城にしようとします。そして出来上がった大坂城は贅沢と技術の限りを尽くした、巨大で豪華なものに仕上がりました。
 秀吉が力を身につけるようになり、織田信雄がそれに反抗するようになり、織田信雄と徳川家康が同盟して秀吉に対抗するようになります。信雄は秀吉との戦に反対していた三家老を切り、戦を始めます。ここでの秀吉の敵は信雄ではなく、徳川家康。
 小牧・長久手の戦いでは、まず家康は各地で一揆を起こさせたり、小牧山に陣取ったりします。秀吉勢は池田氏たちを犬山城に陣取らせます。家康は他にも四国の長宗我部などの武将や本願寺の門徒などを、秀吉勢に反抗させます。家康はいきなり織田信雄のいる伊勢へ現れて秀吉勢と戦闘を行い、そして秀吉勢が来る前にすぐに小牧山へ引き返して秀吉勢を翻弄させます。
 家康がどのように動くのかが秀吉にはわからず、そのとき秀吉勢の池田氏たちが敵の本拠地に入って滅茶苦茶にする「中入り」を行おうとします。これは中入りする人間にとってはかなりリスクの高い作戦ですが、決行することになります。 池田氏たちと秀吉の養子である秀次がこの中入り部隊として、出発します。
 しかしこのとき家康勢の本陣に「謎の人物」が現れ、秀吉勢の「中入り」について情報を与えます。この謎の人物については百姓なのか何者なのか一切わからないようですが、この「異本太閤記」では謎の人物=大日坊(明智光秀)だと考えています。
 夜を徹して進んでいる池田氏たちは敵方の小さな城を通り過ぎようとしましたが、敵の威嚇射撃が大将の馬に当たってしまい、戦国の武士としての意地でその小さな城に攻撃を加えてしまいます。その結果、この道草によって時間が消費され、家康勢の軍隊が彼らに追いつき、池田氏や秀次たちの軍勢は壊滅します。
 秀吉は家康との戦いでは失うものが多すぎることに気づき、和睦を考えます。そういうわけで、織田信雄と講和の交渉を行い戦を終結させます。しかし秀吉は何としてでも家康の上に立ち家康を敵にしたくなかったので、妹の朝日姫を無理やり今の夫と離縁させ、家康に送り、家康を義兄弟とさせます。
 戦が終わり、この辺りから秀吉は茶々姫(淀君)に熱中し始めるようです。茶々姫は親を殺した秀吉を心底嫌っていましたが、秀吉は無理やり自分のものとします。
 そろり、利休、大日坊たちは秀吉の天下統一のために、秀吉を「関白」にして権力を与えて天下統一に足る人物になるように工作を始めます。朝廷の菊亭張季がさらに工作をし、秀吉に「藤原」を名乗らせます。このとき藤原性をめぐってお家騒動のようなものが起こったようです。その結果、「藤原」から「豊」と中臣鎌足の「臣」で「豊臣」となったようです。7巻はここで終わり。


 巷には、「明智光秀が隋風となった!」という説はこの小説では採用していませんが、「異本」だというのに隋風=光秀説を間違いだと決め付けています…。「~という説もあるが、この小説では~の説を採用する」というようなスタンスだと、私はこの「異本」を捉えていたのに、結局「自分の説が正しい」というスタンスだったというのか!
 秀吉と家康との戦いでは、秀吉が最初に目指していた「戦の無い国を作る」という理想が無くなって、自分による天下統一のために戦おうとしたように思えてきましたね。そりゃまあ戦の無い国を作るには天下統一が手っ取り早いのですが、それに躍起になりすぎて「みんなと手を取り合って戦を無くす」という考えを失念してきているように見えました。やはり、力を持ってくれば考えも変わってくるのでしょうかね。
 「秀吉は人心掌握がものすごく上手」だとよく歴史では言われていますが、この小説では秀吉は人身掌握のために人間に疑惑の種を植え付け、自滅させたりすることもあったようなことを書いています。秀吉は単に人から好かれるのが得意というのではなくて、人心操作が得意だったと言ったほうが正しいのでしょうか。
 家康は小牧・長久手の戦いで、秀吉勢をもっとこらしめることも出来たようだとこの小説は書いています。が、それをやらなかったのは天下統一に近い秀吉を今倒してしまうと、日本がまたばらばらになっていくからだと家康は考えたと、この小説では解釈しているようです。家康は秀吉に自分の力を見せて「協力しても良いが家臣にはならない」というような信念も見せて、秀吉を天下人にさせておきながらも自分の立場を守ったのでしょうかね。
 小牧・長久手の戦いでは、これまで順調に戦で勝ってきた秀吉には、かなり疲労困憊してしまうようなものだったとこの小説では書かれています。快活だった秀吉がどんどん元気が無くなっていく様子はなかなか新鮮でした。これまではそんなことはありませんでしたからね。
 公卿に近衛前久というのがいて、彼は公卿らしくないような野心あふれる男で、全国を旅して将来強力な力を持ちそうな武将達のもとへ訪ねたりしたようです。戦国時代で、野心溢れる武将があんなにも多かったのは、この公卿が彼らに影響を与えたからなのかもしれないとこの異本では考えています。もしこれが正しいのなら、かなり面白い話ですね。無政府状態で各々の国が普通に暮らしていたときに、この一人の男が全国の武将を焚きつけて一気に戦を始めてしまったのなら、すごすぎる話ですよ。


1巻
2巻
3巻
4巻
5巻
6巻

8巻
総括

豊臣秀吉(7) (山岡荘八歴史文庫)豊臣秀吉(7) (山岡荘八歴史文庫)
(1987/04/01)
山岡 荘八

商品詳細を見る
web拍手 by FC2

0 Comments

Leave a comment