禁術と呼ばれる術 感想

雑記
 よく使っていた物が一つ一つ無くなっていく…。
 いくら部屋を探しても見つからない。
 こういうのはいつもどこに行っているんだろう?



禁術と呼ばれる術

 ガソン・ワホさん作の「禁術と呼ばれる術」の感想を書いていきます。
 このゲームは「RPGツクール95」で作られた、フリーゲームの中では古いほうのものです。こういう古いゲームは「print screen」キーで画面を保存できないので、今回は画像なし。
 古いゲームで結構人気もあるほうなので、私がフリーゲームを色々ネットで調べた限りこのゲームはフリーのRPGとしては定番のものだと位置づけされています。ちなみにこのゲームはファイル数が当時としてはかなり多かったようなので、高スペックのパソコンが必要だったようです。しかし今のパソコンなら大抵は大丈夫でしょう。

 このゲームは作中で作者が語っているように、最低の物語でも良いから最高のシステムを持つRPGを作る!というのが作者の製作方針だったようです。
 まあ確かに、言っては何なんですが、人気のRPGとしてはシナリオがそこまで面白いものじゃなかったと思います。ですが全くシナリオが無いというわけではなくてそれなりに設定も考えられているのですが、感動とか大スペクタクルというようなストーリーの波というものが無かったように思えました。
 ストーリーは、異世界に行ってしまった普通の学生がどうにかして元の世界に帰ろうとする、というのが大体のあらすじです。一体どうやって来たのかとかどうして来たのかなどの疑問は、少しずつ物語が進むにつれて解消されていきます。うん、まあ、やっぱりストーリーは普通だ。


 しかしこのゲームの最大の魅力はストーリーではないでしょう。やはり多くの寄り道や装備などのシステムでしょうね。
 ストーリーは一本道ですが、このゲームにはストーリーとは直接関係無いダンジョンが結構多いです。そしてダンジョン内には大抵強力な装備が眠っています。しかし強力な装備と同時に強力な敵がうろついていることも多々ありますが、このゲームはシンボルエンカウントですのでそれらの敵を避けまくって装備だけ手に入れることも可能です。その探索っぷりが楽しいのです。
 敵を避けて強力な装備を手に入れる、というゲームはこのブログでも紹介した「ネフェシエル」、「イストワール」、「魔王物語物語」がそうですね。つまりですね、この「禁術と呼ばれる術」はダンジョン探索系フリーゲームの源流になっているゲームなのです。「ネフェシエルのようなゲームって他に無い?」とネット上で聞くと、このゲームの名前が挙がることが多々あります。そしてこのゲームよりも古い同じようなタイプのゲームが挙がったことは、まだ一度も見たことありません。
 しかしネフェシエルなんかに比べると、戦闘が単純になりすぎるのがちょっと残念か。基本的に装備を整えて攻撃、攻撃魔法、回復魔法の3つのコマンドを選ぶだけのようなもの(魔法にも色々種類はあるが、それほど使い分けたりはしない)ですからねぇ。まあ今から15年(?)もの前のフリーゲームですから、仕方ないっちゃあ仕方ない?でもやっぱり戦闘は面白いものに仕上がっていたと思います。
 
 


やりこみ記録

・全アイテム入手
・全キャラレベルMAX
・隠しボスを倒した

パーフェクト!!

 このゲームは大抵のアイテムはいつでも入手できるようになっているのですが、終盤のボスであるファーストからフィフスまでの5体は、それぞれ25%で5体とも異なった武器を落とします。取り逃してしまう危険性があるアイテムは、おそらくここだけです。ちなみに私は見事に取り逃したので、最初からやり直しました…。
 全パラメータMAXの隠しボスはドーピングアイテムでHPの底上げをすると、かなり簡単に倒せました。レベルMAX、最強装備でしたが。

テーマ : フリーゲーム - ジャンル : ゲーム

web拍手 by FC2
同じカテゴリの記事(ランダム)
コメント

この作品はツクールとは思えないくらい名作です。
久し振りにやってみようかしら
コメントの投稿
はい!