新世紀エヴァンゲリオン13~16話

雑記
 梅雨入ったー!!
 
 もうこの先しばらくは外で遊べないね。家の中にひきこもって読書とかゲームとかするしかないか…。



13話 使徒、侵入

 13話はこれまでの使徒と比べると極小サイズの使徒がネルフ本部を襲います。サイズが微生物サイズなら性質も微生物のようで、ある条件の下では生存できないと思ったらすぐに新しい環境に適応できるようになっています。しかもATフィールドは健在で生半可な物理攻撃を受け付けません。
 生物としての力を最大限に生かしてネルフを侵食していくと思ったら、今度はコンピューター素子に変化してネルフのコンピューターをハッキングします。以前読んだ漫画である「EDEN」のコロイドを思い出しましたよ。
 生物学にちょっと詳しい自分に言わせれば、確かに使徒は微生物のような素早い環境適応能力を持っていましたが、自然な進化とはかなり違っていますね。もし使徒が自然な進化を行えば、使徒を食べる使徒やATフィールドを持っていない使徒なんかも大量に出現するはずですしね。まあ、使徒という特殊な物体のことを考えれば、別に自然な進化をしなくても普通なのでしょうが。


14話 ゼーレ、魂の座

 14話のAパートはほとんど総集編です。なのでBパートの感想だけ書きます。
 今回でも「死海文書」だの「アダム計画」だの「ロンギヌスの槍」だの色々伏線が張られているようですね。特に零号機の暴走がリツコを襲うとしたというのは結構大きい伏線かも?エヴァというのはどこか人間の兵器を超越したような部分を持っているようで、エヴァ自体にも人格のような何かがあるように思えます。そんなエヴァの人格がリツコを襲おうとした、ということはリツコはエヴァ製作の計画のかなりの深部にまで関与しているのでしょうね。
 後、零号機にあったレイのイメージ。一体あれは何だったのでしょうか。イメージの最後にかなり怖いレイがありましたが、零号機とレイとの関係、レイの正体というのが気にかかります。


15話 嘘と沈黙

 今回は戦闘は無しで、各登場人物のことについて描かれていたりしています。
 シンジとゲンドウは共に母の墓参りに行きますが、ゲンドウにとって妻とはどういう存在なんでしょうか?新聞などでは実験で使ったようなことが書かれていたと思いますが、それでもゲンドウは妻を愛しているような台詞を言っています。妻をどうにかして助けようとした結果失敗して妻を殺してしまったとか?よくわかりませんけどね。
 急にアスカがシンジにキスを要求してかなりびっくり。アスカはツンデレだとは思っていましたが、急にそこまで行くのか。突飛過ぎて想定の範囲外でした。しかもキスの後は全くロマンチックなムードになっていないし。ただの好奇心だとか、キスをすればシンジはどう反応するかというジャブのようなものだったとかそんな感じだったの?
 後、やっぱりミサトが嫌いだ…。色々自分の問題点やシンジを説教する資格なんて自分には無いとかわかっているのに、どうしてそれを改善しようとしない!わかっていながらも行動しなくて他人にすがろうとする人は嫌いだし、自分を棚に上げて他人を怒るなんていう人間も大嫌い。

 
16話 死に至る病、そして

 作中初めて(?)のシンジの自信満々っぷりが描かれていますが、すぐに使徒にやられそうになってしまう哀れなシンジ君…。アスカとの関係は悪くなりそうですが、レイとの関係は一歩前進?
 使徒は極薄の別次元のような存在で、作中では中はディラックの海が広がっているとか言われています。というわけでディラックの海を調べてみると、ほとんどわからない。相対論的量子力学に関係しているらしく、物質が無限に崩壊していくのを防ぐために真空状態には負エネルギーの電子がびっしり詰まっているそうです。その状態がディラックの海かな?このような理論は反物質とかにも関係しているのかな?
 さあ今回でも私はミサトが嫌いですよ。機体の回収を第一としてパイロットの生死を問わないリツコをミサトがビンタしましたが、これまでのミサトの作戦でもパイロットを危険にさらすなんてことは腐るほどあったじゃないか…。いつもいつも「責任は私が取る」とか言っているけど、責任取ってもパイロットが死ねばパイロットは戻ってこないだろうに。
 死に至る病、それはシンジの自己嫌悪に関係しているようです。別にただの思春期の悩みのようなものだと思いますが、それは時には人すら殺してしまうのか。嫌なことからは逃げて、楽しい思い出だけを反芻する。一見シンジはネガティブなように見えますが、シンジはそれを中和するかのように自分の中だけではポジティブにあろうとしているのでしょうか。苦しいことは楽しいことで中和して、中和しきれないような苦しいことからは逃げる、というのがシンジの生き方?大人に翻弄されすぎてかなり危ない精神を持ちそうな子供のようですが、無理もありません。


1~4話 感想
5~8話 感想
9~12話 感想

17~20話 感想
21~24話 感想
TV版25,26話 感想
旧劇場版EOE 感想

NEON GENESIS EVANGELION vol.04 [DVD]NEON GENESIS EVANGELION vol.04 [DVD]
(2003/08/27)
緒方恵美三石琴乃

商品詳細を見る

テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル : アニメ・コミック

web拍手 by FC2
同じカテゴリの記事(ランダム)
コメント

No title

検索で辿り着きました。

ネフェシエルの考察で検索して辿り着く→
あ、魔王物語物語もある→
あれ、魔壊屋姉妹。もある……

私がプレイ済みのゲームを3つも扱っているブログは初めて見ました。
そしてヤリコミ記録に驚き。
ネフェシエルはアイテムコンプせずに終わりましたから。

まももの全セリフコンプはやろうとしましたが、セリフのフラグがややこしすぎて、これで本当にコンプなのだろうか?という疑問が今でも残ってますorz

まももの二次創作ゲームがまもも同盟さまで配布されているので、やってみると面白いかもしれません。

Re:

>ぽちこさん

 ネフェシエルと魔王物語物語と魔壊屋姉妹。をプレイしましたか。前者二つが面白いと感じたのなら「イストワール」もオススメですよ~。

 まももの全セリフコンプですが、一応コンプしたんですよね?かなりすごいと思います。一応まももの考察記事を書いている私ですが、実はフラグを立てすぎて聞けない台詞とかがあるんで、考察記事なんて書けるほどの者では無いんですよね…。

 まもも同盟さんのゲームですが、まももの島編と大陸編を繋ぐ短編らしいですね。大陸編が完成されればプレイしようかと、今はそう考えています。
コメントの投稿
はい!