EDEN16~18巻 感想

雑記
 バイクが治るかどうかわからない
 日ごろの愛情不足が祟ったか?

16巻

希望  16巻前半には、災害によって苦しめられている人々を助けるインド人の医者が描かれています。一人でも多くの人を助けるために必死になるわけですが、物資や人材が足りずに苦労もしています。このときはまだこの世界に絶望しているわけではなく、頑張っていればいつかきっと現状は良くなると信じて彼は頑張っていました。
 しかし、争いは途絶えることはなく、彼が苦労して助けた人々や愛する人を、いとも簡単に失うことになりました。

「戦争して、平和になって、豊かになって
 平和のありがたみを忘れて、また戦争。ずっとこの繰り返しだ。」


 理不尽で残酷な現実。いつかきっと良くなると信じていたのに、本当はどうにもならないものなのかもしれない。何回も非情な現実に打ちのめされた人々は、もはや希望を持つことが出来ずにコロイドに入ることを選んだのでしょう。
 
 「全ての子供、女、男、それ以外の人間には幸せになる権利がある。そしてその全ての権利が我々には無い。」
 全ての人間が幸せになって欲しい。しかしそうすることは決して出来ない。人間とこの世界の本質はそうなるようになっているのだから。



17巻
物語の終わり これまでに登場してきた人々、主人公の敵・味方関わらずに多くの人々が死んでゆきます。まるで物語の終わりに向けて片付けをしているかのように。しかし、死んでいった人々の一人一人にそれぞれのドラマがあり、人生がありました。彼らは自分や他人の幸せのために多くの犠牲を払いながら頑張ってきたのでしょう。
 しかし最後は誰かに殺される。彼らの生きた人生の結果は頑張った甲斐もなく、恨みがあったり邪魔になったから誰かに殺されるなど、どう考えても幸せな死に方ではなかったでしょう。

 物語は終わりに入ります。その場所は1巻の1話、物語が始まった場所です。楽園をでたエンノイアとハナ、そして彼らを追う人々がかつての楽園に集ってきます。
 楽園を追い出された人間はもといた楽園を取り戻すことが出来るのでしょうか?


18巻

 最終巻です

人として生きるために エンノイアの昔からの友人、トニーもチャドもエンノイアがかつての楽園へたどり着くために犠牲となりました。そしてそこでエンノイアが見たものは・・・

 コロイドの究極的な目的、それは新たな宇宙の創生です。ここまで生命が進化してきた意味は、すべてこのときのためにあったのかもしれません。星が生まれ、有機物が形成されて、原始生命体が生まれ、知的生命体へと進化する。そして知的生命体が「進歩」して技術を得る。その技術で宇宙の卵子に精子を与える。
 つまり、人という進化の終わりの生物がコロイドを生み出し、人の持っている情報を全て蓄えて莫大な技術を獲得するということと思います。ビッグバンの仕組みなんてほとんど分かりませんが、簡単に言えば今の宇宙が新たな宇宙という、子孫を残したということになります。
 全ての事象は情報である、そのような言葉が過去の巻にありました。コロイドは人のもつ情報を取り込み、それを新たな宇宙に向けて射出します。一体それがどのように新たな宇宙に作用するかは想像もできませんが。

 新たな宇宙の創生は人間の幸せになりたいという欲求から生まれたのでしょうか。この世界がもっと良くなりますように、その思いは今の世界で叶うことは無いから、生命は新たな宇宙を生み出したのでしょうか。
 宇宙が生命の意志を尊重することはないし、マーヤーが高重力バブルを地球付近に呼び寄せることが出来るとは思えません。一体どうして高重力バブルがこの時間のこの場所に発生したのか、それは宇宙の意志なのか、生命の意志なのか。それは私には理解することが出来ません。


 「EDEN」の描きたかったこと、伝えたかったことなどは総括記事で書くことにします。

1~3巻 感想
4~6巻 感想
7~9巻 感想
10~12巻 感想
13~15巻 感想
総括

EDEN 16―It’s an Endless World (16) (アフタヌーンKC)EDEN 16―It’s an Endless World (16) (アフタヌーンKC)
(2007/04)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る
EDEN 17―It’s an Endless World (17) (アフタヌーンKC)EDEN 17―It’s an Endless World (17) (アフタヌーンKC)
(2007/12/21)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る
EDEN 18―It’s an Endless World (18) (アフタヌーンKC)EDEN 18―It’s an Endless World (18) (アフタヌーンKC)
(2008/07/23)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

web拍手 by FC2
同じカテゴリの記事(ランダム)
コメント
コメントの投稿
はい!