アークザラッド・モンスターゲームwithカジノゲーム 感想 

雑記
 目指すは一月で10記事!
 このゲームを買った理由はもちろん、アークザラッド2のアイテムの交換とこのゲームにしかないアイテムを手に入れるため。だから私は10年以上前のゲームだというのに4000円以上もの金でamazonで取り寄せましたよ。
 このゲームはかなりのレア物で、ブックオフの高価買取ゲームの中に載るほどに手に入りづらいものだそうです。ですからこのゲームを探そうと思って近くの中古ゲーム屋に行っても、見つかる可能性はかなり低いでしょう。もし見つかれば通販よりも安い値段で売られていることも多いらしいのですが、やはりその方法は面倒くさい。欲しい人は通販でちゃっちゃと買っちゃいましょう。
 このゲームがなぜこんなに高いのかと言うと、このゲームはもともと抽選で当たった人だけに作られ、その後たくさんの人からそのゲームが欲しいという要望があったので一般販売したらしいです。ですがその販売数も少なく、欲しい人全員に行き渡ることは難しくなりました。そもそもアークザラッド2は結構人気があったので、そのゲームをやりこむにはこのモンゲーが無いと無理なのでこんなにも需要があったのでしょう。そのことを考えれば今なお4000円以上もの値段をつけられていることにも納得がいきます。

 
 では感想です。

 モンゲーでは、アイテムとモンスターの交換、レアアイテムのある店、鍛冶屋などのいろんな施設、劇場、闘技場があります。
 アイテムとモンスターの交換所ではメモリーカードを差し換えればアイテムを無限増殖できます。倉庫データにアイテムを送ることによく使いました。
 店では本編では手に入らない一風変わったアイテムがずらりと並んでいます。
 いろんな施設ではマザークレア、ヂークベックの経験値分配、鍛冶屋のことです。ここで一番使うのは鍛冶屋。最強の装備を作るには鍛冶屋でアイテムを鍛えるのですが、それには成功と失敗があります。失敗すればロード、成功すればセーブ、といった風にセーブとロードのできるポイントを往復することで効率よくアイテムを鍛えることができます。私のやり方を書いておくと、まず1Pと2Pのコントローラーを用意し1Pと2P両方とも鍛えたいアイテムがあるデータをロードする。鍛冶屋に行き1Pと2P両方が鍛える。どちらかが成功すればそのデータでセーブし、もう一方はそのデータをロード。また鍛冶屋に行く。両方とも失敗すれば両方とも元のデータをロード。こんな感じで私はやりました。成功確立は約3分の1ぐらいかと思います。
 劇場は・・・見ればわかります。かなりアホっぽくて笑えます(笑)

 闘技場では敵のチームと味方のチーム4人ずつが3パーティーで戦い、2回勝利すれば勝ちという3パーティー戦と、5パーティーが戦い、3回勝利すれば勝ちという5パーティー戦と、3or5パーティーで勝ち抜いていく「どこまで勝てるか」の3つがあります。3パーティー戦を15勝すると5パーティー戦が現れ、それを15勝するとエンディングです。どこまで勝てるかでは勝つたびに敵のレベルが上がってきます。どのゲームも景品があります。
 パーティー戦では敵のレベルが味方の中の最大レベルと同じぐらいなので、適当に頑張ればエンディングまでたどり着けるでしょう。しかし問題なのはどこまで勝てるか。50勝すれば最後のアイテムがもらえるのですが、そこまで勝ち進んでいくと敵のレベルがやばいものになってきます。最初、ちょこのレベルが80ちょいで最終的に140ほどになりましたが、敵のレベルは最初は同じぐらいだったのに、最終的には300弱!まともにやりあうと絶対に勝てません。ですから私は少しずるい方法で50勝しました。
 50勝した方法とは、まずパーティーを覚醒ちょこ、アーク、シャンテ、サニア(この順番どおりにエントリー)にし、ちょこに消費MPを0にするロマンシングストーンと防御力30まであげたネックレスを装備させました。その他の人の装備は適当に鍛えた防具を装備。覚醒ちょこの役割はヴァニッシュで敵を倒すこと。アークはHPの回復かウィークエネミーで敵を弱体化。シャンテは回復。サニアはちょこにトランスファーの役にしました。
 最初のころは覚醒ちょこのヴァニッシュで一撃でしょう。しかし途中から敵のすばやさが上がってきて先手を取られたり、HPが上がってきてヴァニッシュ1発だけでは倒せなくなってきます。そのときは戦闘がはじまる前にちょこの装備を防御力49のガードと防御力52の黄色いリボンをつけます。戦闘が始まるとちょこに攻撃が行きますが耐えられます。そして装備をロマンシングストーンとネックレスに変えてヴァニッシュを1発。アークとシャンテは状況に応じて回復。サニアはちょこにトランスファーでちょこがもう1発ヴァニッシュ。これで大抵の敵は倒せます。50勝も運が悪くない限りはできるでしょう。
 アーク2ではレベル差によって打撃攻撃が通る確立がだいぶ変わってきます。自分の2倍ほどのレベルの敵にはほぼ確実に攻撃が通りません。ですから、この方法以外で勝とうとするのならやはり特殊能力中心のパーティーにせざるを得ません。まあ私はこの方法以外で本当に勝てるのか?と疑問に思っていますが・・・

 モンスターゲームにはカジノゲームもついています。普通とは違うカジノで少し面白いのですが、このゲームで手に入るアイテムや本編にかかわるストーリーは無く、ただアーク2のキャラが出るカジノゲームです。そんなわけですので、暇ならやるといった感じでよろしいでしょう。
 せっかくあるので、全部のゲームでトロフィーをとろうとしましたが、スーパーキューブがどうやってもできません・・・ありゃ無理だ。というわけですのでトロフィー取得は断念。


 このゲームを総括しますと、アーク2でアイテム集めや戦闘が大好きな人なら買っておいて損は無いと思います。

アーク2 感想

アークザラッド・モンスターゲームwithカジノゲームアークザラッド・モンスターゲームwithカジノゲーム
(1997/07/31)
PlayStation

商品詳細を見る
web拍手 by FC2

0 Comments

Leave a comment