Archive: 2013年02月  1/1

名古屋二十一大師巡拝記 1~9番札所

名古屋二十一大師 名古屋二十一大師霊場は、弘法大師のご縁日「二十一」に因んで、江戸時代名古屋城を中心とした真言寺院二十一箇所を札所に定めたものの、空襲によって殆どの寺院が戦火を蒙ったので、昭和44年に改めて市内に「名古屋二十一大師」の札所を定め、現在に至っています。 1番札所大須観音から21番札所興生寺までの全行程は約64.7kmです。四国遍路みたいに巡拝道は整備されていませんが、こちらの愛知札所巡...

  •  0
  •  0

デュープリズム 感想

No image

デュープリズム   開発 スクウェア 1999年にスクウェアより発売されたPS1ゲーム、「デュープリズム」のプレイが終わったので感想を書いていきます。 このゲームはスクウェアにしては珍しくフルポリゴンでかつムービー無しですが、これはこのゲームのメインプログラマーが「全部リアルタイムで計算してみたい」という気持ちからこうなったようですね。 国内での売り上げ本数自体は少なめですが、多くの人から高評価を受けて...

  •  0
  •  0

骨の音 感想

No image

骨の音   作 岩明均 「寄生獣」、「ヒストリエ」などで知られる岩明均さんの短編集、骨の音について感想を書いていきたいと思います。 単行本自体は1990年刊行ですが、載っている作品は1985年~1990年にかけて描かれたものです。作者のデビュー作から載っているので、単行本内で作画が少し異なっています。まあ、今と少し作画が異なっている作品は最初の二つくらいですがね。それ以降は安定しています。骨の音―骨の音 (モー...

  •  0
  •  0

硝子戸の中 感想

No image

硝子戸の中   作 夏目漱石 1915年1月13日から2月23日にかけて、朝日新聞に掲載された、夏目漱石最後の随筆だそうです。 この作品の後は「道草」と「明暗」のみしかありません。身体が弱って死が間近に迫っている、夏目漱石の晩年らしい作品のように思えます。硝子戸の中 (新潮文庫)(1952/07)夏目 漱石商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

エマ10巻 感想&総括

No image

雑記 自分にとっての理想の生活って何だろう。 それさえわかれば、お金なんてあまり必要ないかもしれない。エマ 10巻 (BEAM COMIX)(2008/04/25)森 薫商品詳細を見るエマ 全10巻 完結セット (Beam comix)(2010/11/01)森 薫商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

エマ7~9巻 感想

No image

雑記 所得税とか源泉徴収とかのことをほんの少しだけ学んだけど、こういう知識は労働者として絶対に習得すべきものだよね…。でも学校では学ばない。エマ (7) (Beam comix)(2006/05/25)森 薫商品詳細を見るビームコミックス エマ 8巻(通常版)(2007/03/26)森 薫商品詳細を見るエマ 9巻 (BEAM COMIX)(2007/09/25)森 薫商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

エマ4~6巻 感想

No image

雑記 ううっ…天気が悪いからってだらけすぎた… 充実な一日を送るためにはある程度の焦燥も必要なんじゃないかと感じてしまった。 でも、焦燥感を感じない時って、所謂「幸せ」?...

  •  0
  •  0

エマ1~3巻 感想

No image

エマ   作 森薫 番外編含めてコミックビームで2002年から2008年まで連載されていた「エマ」の感想を書いていきます。 2005年にはアニメ化もされたこの漫画ですが、あらすじは産業革命時代のイギリスを舞台とした、階級社会と恋を主に描いています。エマ (1) (Beam comix)(2002/08/26)森 薫商品詳細を見るエマ (2) (Beam comix)(2003/02)森 薫商品詳細を見るエマ (3) (Beam comix)(2003/11/25)森 薫商品詳細を見る...

  •  0
  •  0