車輪の下 感想

車輪の下  著者 ヘルマンヘッセ

 ドイツの詩人・小説家であるヘルマンヘッセが、1906年に自分の幼い頃を題材とした、長編小説の「車輪の下」についての感想を書いていきます。
 ヘッセの作家活動では詩がメインであるようですが、日本で最も読まれているのは詩ではなく小説のこの「車輪の下」です。文庫本の解説によると、日本でのヘッセ作品1位はこれですが、ドイツでは8位のようです。日本では詩よりも小説の方が受けたのか、こういう内容だからこそ受けたのか、日本の社会情勢にマッチしていて日本人に共感できるものだったからなのか、はよくわかりません。
 とりあえず、純粋に内容についての感想を書いていきます↓

車輪の下 (新潮文庫)車輪の下 (新潮文庫)
(1951/11)
ヘルマン ヘッセ

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

web拍手 by FC2

国土交通省キャンプ砂防体験記 後編

雑記
 歩き遍路に行ってから、うやむやな感じで生きている日常に価値を見出しにくくなったような…
 歩いているときはあんなに日常に憧れていたのに

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

web拍手 by FC2

国土交通省キャンプ砂防体験記 中編

雑記
 自分の野望が大体具体的になってきた
 後はゆっくりとチェックポイントを達成していくのみ

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

web拍手 by FC2

国土交通省キャンプ砂防体験記 前編

 2012年9月頃に、国土交通省の制度を利用して、キャンプ砂防に参加してきました
 キャンプ砂防とは、「砂防の意義と中山間地域及びそこに生活する人々に対して果たす砂防の役割を、地元の人々との共同作業や生活を通じて体験的に学ぶことにより、砂防に対する認識を深め、今後の土砂災害防止の推進に役立てる」ということを目的としたものですが、国交省地方整備局のインターンシップみたいなものです。
 
 参加中は職員の方に写真を撮っていただいて、その写真を後にくれるというので、自前で写真を撮らなかったのですが、映っていたのが「参加者とその様子」ばかりだったので、プライバシー保護のため、今回の記事は写真がありません

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

web拍手 by FC2

林野庁森林管理署インターンシップ体験談 後編

雑記
 朝起きるの辛いけど、いざ外に出ると力が湧いてくる。
 冬はいかにして力の出る状態まで身体を持っていくかがポイントかな。

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

web拍手 by FC2