四国遍路 20日目四万十市~大岐海岸

20日目

IMGP3794.jpgIMGP3795.jpg

 携帯電話で台風再接近の時間を調べてその時間警戒していましたが、テントと東屋をロープで繋げたのが功を奏したのか、被害は無しでした。たまにテントがたわむくらいです。
 というわけで風が弱まってきたときに出発。テントの下に水から逃れようとしているミミズが数匹いて少し気持ち悪かった…。
 しとしと雨の中出発。順調に進み、四万十川も無事に横断。足摺岬方面へ向けて歩いていると、少しずつ晴れてきました。

IMGP3797.jpgIMGP3798.jpg
IMGP3799.jpgIMGP3800.jpg

 しとしと雨が止んで、どんどん青空が見えるようになって来ました。台風の後に晴れると、ただのアスファルトでさえ青く見え、濡れた草木が光を反射して輝く様子が見られます
 台風の中を歩くことも、台風が過ぎ去った後に町を歩くことも普通の生活の中でほとんど無いことでしょう。こういう偶然の美しさを見ることが出来、そして日常の中にある芸術に気づかせてくれたというのも遍路旅で得られたものの一つです。
 台風後の美しい田舎道を歩いて、岬を目指します。

IMGP3801.jpgIMGP3802.jpg
IMGP3804.jpgIMGP3805.jpg

 基本的にずっと田舎道。下ノ加江周辺にあるチェーン店はスリーエフくらいです。日本のどん詰まりっぽい高知県の中でもさらにどん詰まりっぽいな、足摺岬エリアって…。
 しかし、自然の美しさは格別です。荒々しい海岸線、あまり高くない山並みなど…。寂しい場所かもしれない、だけどこれで十分なのかもしれない。

IMGP3806.jpg

 ギザギザの海岸線が続いていた中で急に現れるのが大岐の浜。白砂青松の美しい砂浜です。駐車場にもいくらか人がいてぼーっと佇んでいたりするほど、なかなか人気のあるスポットのようです。
 野宿地は浜近くにあった空き地。この日の晩は中秋の名月だったらしく、そのためものすごく月の明るい夜でした。夜中でもヘッドライト無しで普通に歩けますからね。あまり明るくない街灯くらい明るかったかも?

歩行距離:約29km

椿の咲く日まで―骨髄バンクと土佐清水の仲間たち椿の咲く日まで―骨髄バンクと土佐清水の仲間たち
(2002/05)
秦野 純一

商品詳細を見る

テーマ : 四国旅行 - ジャンル : 旅行

web拍手 by FC2

四国遍路 19日目佐賀~入野海岸

19日目

IMGP3785.jpgIMGP3786.jpg

 昨日は今までで最長距離歩いたから、この日は朝起きたときでも足が痛む…。朝食はうどんと舞茸。
 この日の天気は小雨。やっぱり天気がどんよりしていたら気分もどんよりしてきます…。
 基本的に国道沿いを歩いていき、集落もいくつからあるのですが、ほとんど店とかなくてかなり静かな雰囲気。活気が無いと言ってもいいかもしれない…。
 途中の遍路道に照明なしのトンネルあり。短いけど小雨と周囲の人気の無さから少々不気味な感じのある場所でした。

IMGP3788.jpgIMGP3789.jpg
IMGP3790.jpgIMGP3791.jpg

 佐賀町もそんなに活気が感じられなかった場所でした。小雨だったから孤独感が増幅されただけ?
 今まで川沿いでしたが、久しぶりに海沿いの道です。でもやっぱり小雨だから気分は憂鬱…。何だか帰りたくなってきた。温かい部屋で温かい飲み物を飲みたい…。
 井の岬トンネルを過ぎた後に大師堂があったので、中で休憩させてもらいました。説明文を読んでみると、汚さなければここで宿泊してもいいらしい。こういうのがあることは知らなかったので少し驚きでした。「宿泊客が増えている」とも書いていましたが、みんなどうやって宿泊適地についての情報を得るんだろう…。

 大方遍路小屋にホットミルク(雑誌)が置いてあったんですけど!しかも読んでみたら純粋に楽しめてしまったんですけど!

IMGP3792.jpgIMGP3793.jpg

 おおがた道の駅で休憩。おからは安くて栄養あるから、買い食いに最適だ!
 大方は巨大な公園のようになっていて、海水浴場やらホテルやらレストランやら多くの施設が集まっていました。雨も強まってきているのにも関わらず、サーファーが多かったのが驚き。彼らは波さえあれば天気なんてどうでもいいのか。

 今日の野宿地は大方の先にある東屋。台風が来ているというので、テントと東屋をロープで繋げて風対策を行いました。

歩行距離:約27km

[2CS] ウェルネス 四万十の純天然水 (2L×6本)×2箱[2CS] ウェルネス 四万十の純天然水 (2L×6本)×2箱
()
ウェルネス

商品詳細を見る

テーマ : 四国旅行 - ジャンル : 旅行

web拍手 by FC2

四国遍路 18日目中土佐町~佐賀温泉

18日目

IMGP3780.jpg

 朝食は卵5個とキャベツで作った卵丼。もうしばらくは卵食べなくていいや…。

 中土佐町からの遍路道はそえみみず遍路道と大坂遍路道の二つがありますが、大坂遍路道のほうがアップダウンが少ないようなのでこっちのほうを通りました。
 中土佐町からいったん川沿いの舗装路になり、集落は見られなくなるのですが、奥大坂という集落に来ると急に景色が開けて、農地やいくつかの家が見られるのようになるのは驚き。こういう隠れ里じみた場所はいいね、面白い。
 この集落には高速道路の高架橋もありますが、その高架橋がものすごく大きい!小さな山と同じくらい高いよ。私はこのとき歩くことによって人間本来の力を感じていたところですが、現代人の力にも圧倒されることになりましたよ。
 登山道を登って行って、七子峠を目指します。

IMGP3781.jpgIMGP3782.jpg

 七子峠を越えると、ずっと急坂の山を登ってきたのにも関わらず、急に高原状の地形となります。なんでこんな台地上の地形になっているんだろうか…。峠を越えてもほとんど下りを感じさせずに、緩やかな道を歩いてくことになりました。
 国道56号線沿いだけあって、車通りは多め。でもそれでも、基本的に農村の中を歩いていくので、かなり穏やか。静かで、穏やかな雰囲気は大好きだ…。

 スリーエフというコンビニでパンを購入。そのときペットボトルのお茶をお接待してもらいました。スリーエフって四国内でも高知でしかほとんど見かけないけど、何でだろ。お接待してくれるし、高知内じゃあ他のコンビニが進出していない場所にあったりするから、ありがたい店です。
 この日くらいから、昼飯だけで1000kcalくらい摂取するようになりました。体脂肪そろそろ切れてきたのかな?

IMGP3783.jpgIMGP3784.jpg

 窪川は町並み古くて趣あるけど、やっぱり閑散としている…。スーパーで買い物途中におばちゃんからパンのお接待。最近すぐに腹減るからありがたい!その後、37番札所岩本寺に参拝。ここには御本尊が5種類あるようです。一応ご本尊真言も5回×3セット詠んでおきました。
 
 窪川からのんびりと道を進んで峠を越えると、急な下り道。台地はこれで終了ですか。峠越え辺りで歩行距離30kmくらいになりましたが、この先に佐賀温泉という立ち寄り温泉があるから、頑張って歩きました。
 佐賀温泉は宿泊、食事、入浴可能の綺麗な施設です。前には遍路小屋もあります。入浴料は600円で、洗剤あり、露天風呂・サウナあり。浴室はかなり清潔で綺麗です。風呂は安芸市以来だ…。足の疲れがどんどん取れていく感じがしましたよ。
  
 で、野宿地は温泉近くの空き地。晩御飯はレトルトの中華丼と佐賀温泉で100円で買った舞茸を味噌で炒めたもの。舞茸うめえ!
 そう言えば最近歩き遍路に会ってないや。おかげで孤独な遍路旅を心おきなく味わうことが出来る。

歩行距離:約35km

ビコム ワイド展望 JR予土線 しまんとグリーンライン キハ32形 宇和島~窪川 [DVD]ビコム ワイド展望 JR予土線 しまんとグリーンライン キハ32形 宇和島~窪川 [DVD]
(2011/08/21)
ビコム ワイド展望

商品詳細を見る

テーマ : 四国旅行 - ジャンル : 旅行

web拍手 by FC2

四国遍路 17日目横浪スカイライン~中土佐町

17日目

IMGP3772.jpgIMGP3773.jpg
IMGP3774.jpgIMGP3775.jpg

 早朝にスカイラインの駐車場を出発。早朝は流石に車通りも少なかったです。基本的に尾根上を進んでいきますから景色が良い場所が多く、日の出とどこまでも広がる海や山々のような絶景も見ることが出来ました。
 風と岸壁に打ち付ける波の音を聞きながらひたすら歩く。確かに孤独ではあるけれども、それを不快に思うことはありませんでしたね。少々歩くと武市半平太像のある駐車場。他にトイレがあるだけ。
 湾沿い遍路道に合流すると交通量も増えて、孤独で静かな一人旅もひとまず中止。トラックが行き交う中、須崎を目指して山道を歩きました。

IMGP3776.jpgIMGP3777.jpg

 須崎はちょっとした町。鍋焼きラーメンが有名ですが、今回の旅は観光じゃないから我慢!スーパーでおかずを購入。久しぶりに卵を食べたいから買ったのだけれど、6個入り148円、10個入り158円だったから、半分やけくそで「10円高いだけなら10個入り買っちまえ」ということで10個入りの方買いました…。

 須崎から中土佐町へ行く道の途中に、創価学会の人間に遭遇。「真言宗は邪教だ」とか「法華経こそが完璧だ」とかぬかしていたのに、私が「あなた般若心経読んだことありますか?」と聞くと「読んだことない。でも間違っているとわかっている」という意味のわからんことをぬかしおる。自分で考えることをせずに他人から教わった知識だけを全てとする愚者め!
 私は他人に迷惑をかけない範囲でなら、宗教は自由で良いと思います。が、他人に迷惑をかけたり他の宗教を侮辱したり間違いだとするような宗教は糾弾されてしかるべきだと思いますよ。宗教・哲学に絶対的正解なんてないという簡単なことをわからんのかね?

IMGP3778.jpg

 かつての生活道らしい焼坂峠を越えて、中土佐町に入ります。少々町の中だから野宿場所に少し困りましたが、集落の集会場の敷地内に泊めさせてもらいました。しかし、傍から見ればかなり怪しかったかも…。見知らぬ人間が公共の建物の影でこそこそしているんだからね…。
 晩御飯は卵5個とキャベツで作った玉子焼きとご飯。卵、食いすぎ…。でも、ちょっと楽しい。

歩行距離:約31km

アイランド食品 箱入須崎鍋焼きラーメン橋本食堂 4食アイランド食品 箱入須崎鍋焼きラーメン橋本食堂 4食
()
アイランド食品

商品詳細を見る

テーマ : 四国旅行 - ジャンル : 旅行

web拍手 by FC2

四国遍路 16日目34番~36番札所

16日目

IMGP3760.jpgIMGP3761.jpg

 この日の早朝は放射冷却がきつくて少々寒かった…。南国高知でここまで寒く感じるんだから、愛媛の山中じゃあもっと寒くなるだろうな…。歩いているときは手が寒いと感じましたしね。でも日の出以降は温かい。
 34番札所種間寺は寺の名前から連想できるように、安産祈願の寺のようです(五穀豊穣もあるかもしれませんが)。何かを祈る、という行為を行う場合、やはりこういうようなわかりやすい功徳のあるお寺のほうがいいかなと思います。仏教徒として悟りに至りたいというのなら、わざわざ寺に参拝しなくても良いかもしれないしね。

 35番札所までは町の中を歩いていきます。何だか、町らしい町。

IMGP3762.jpgIMGP3763.jpg
IMGP3764.jpgIMGP3765.jpg

 35番札所清滝寺は山の上にあります。歩道も舗装路になっていますが、いかんせん傾斜が急だから雨の日は辛いかも…。土佐市方面の景色は綺麗です。
 早朝はかなり寒かったのに日が昇ってくると暑くなってくる…。ぐぬぬ、辛いのでスーパーでジュースとアイス購入。ふ~、生き返る。
 36番へはいったん峠越え。ほぼ無心状態で汗かきながら、ひたすら進む。

IMGP3767.jpgIMGP3768.jpg
IMGP3769.jpgIMGP3771.jpg

 36番のある半島へは、かつては舟で行っていたんだそうな。しかし今は宇佐大橋というのがあるので、その橋を渡って歩いていくことになります。この橋の上がかなり風が強くてですね…、菅笠が飛んでいきそうでひやひやしましたよ。橋の上で笠が飛んでいけば拾うこと能わずですからね。
 36番手前には温泉施設や公園、レストランなどの観光施設満載で、普通に遊べる場所となっているようでした。このとき温泉にでも入っときゃあよかったなあ…。
 36番札所青龍寺は海にかなり近いにも関わらず池が近くにある、不思議な場所にある寺です。温泉も近くにあるし、もしかしてこの辺りの地質って火山性?

 36番から37番までの道は大きく分けて二つあります。打ち戻って湾沿いに行く道とスカイラインを通る道。若干距離が短くなるのでスカイラインルートを私は選びましたが、精神的にきつい道でした…。
 スカイラインには歩道が無いし、かっ飛ばすバイクが多いし、自動販売機や店が皆無だし、水の補給とトイレは武市半平太像のある場所のみだし…。正統派ルートは湾沿いの道のようだったので、そっちに行ったほうが遍路道として歩きやすかったかも。
 野宿地は駐車場とベンチがあるだけの場所。夜中でもスカイラインには人が来ていました。おかずを買いそこねたので晩飯は米と高野豆腐。

歩行距離:約30km

土佐日記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)土佐日記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
(2007/08)
紀 貫之

商品詳細を見る

テーマ : 四国旅行 - ジャンル : 旅行

web拍手 by FC2