Archive: 2011年10月  1/1

小説版ダ・ヴィンチ・コード 下巻 感想&総括

No image

雑記 うーん…最近生活がローテーション過ぎ、他人と話しが無さ過ぎで、自分の無変化な人生に疑問を呈するようになってしまっている…。 刹那的であると自分で思っている行動も、それは自分の為した経験、変化のある生活などの実感をもたらしてくれる?例えば、単行本の漫画と週刊の漫画。DVDと放映中の番組?将来他人よりも多くのことを知ったって、それで自分の魂が救われるかといったらそうにはならない。結局同じか。ダ・ヴィ...

  •  0
  •  0

小説版ダ・ヴィンチ・コード 中巻 感想

No image

雑記 世の中は移り変わるものだけど、世の中だけでなく自分の心の中も移り変わっていく。 とすれば、今抱いている自分の感情も所詮移り変わるもので、好きだ嫌いだの断定はできない?ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)(2006/03/10)ダン・ブラウン商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

小説版ダ・ヴィンチ・コード 上巻 感想

No image

ダ・ヴィンチ・コード  作 ダン・ブラウン 世界的に大ヒットした小説、ダ・ヴィンチ・コードの感想を書いていきます。調べてみると、この小説って44言語にも翻訳されて7700万部売れているようですね。そして日本では1000万部売れたようで…、やっぱりすごいな。 物語はフィクションですが、その設定は「事実だ」と作者は言っています。なので物議をかもしていて、「ダヴィンチコードの嘘を暴く!」みたいな本も出版されている...

  •  0
  •  0

マヨヒガ 感想

No image

マヨヒガ フリーゲームの「マヨヒガ」の感想です。作者は創作同人サークル、小麦畑さんだそうです。 RPGツクール2000作品、プレイ時間は約1時間ほど、エンディングは5種類ある、脱出ゲームです。...

  •  0
  •  0

恋ヶ窪ワークスLTD 感想

No image

恋ヶ窪ワークスLTD  作 大森しんや 前作に恋ヶ窪ワークスがあるのですが、今作はその外伝的な話になっている感じかな?前作は前作で、物語にちゃんと区切りはついていましたし。 この恋ヶ窪ワークスLTDには恋ヶ窪ワークスのいくつかの話と、大森しんやさんの書いた短編が載っています。比率的には短編のほうが多め。短編は大森しんやさんが今までに描いた漫画の(おそらく)全てが載っているようです。恋ヶ窪★ワークス LTD[版...

  •  0
  •  0

坊っちゃん 感想

No image

坊っちゃん  作 夏目漱石 夏目漱石の書いた、「坊っちゃん」の感想です。 高校生の頃に一回読んだことがあるのですが、読み直してみることに。 坊っちゃん (新潮文庫)(2003/04)夏目 漱石商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

双翼の大地 感想

No image

双翼の大地 エジプトマニアの人たちが作った、エジプトフリーゲーム3部作のトリを飾る、双翼の大地の感想を書きます。 前作の「神々の呪文」と「灰色の町の守護者」はツクール2000で作られていましたが、今作はツクールXPで作られており、そのせいで雰囲気は異なっています。 ちなみに、このエジプト三部作は、「みんなにエジプトに興味を持ってほしい」という目的で作られており、ゲームを作ること自体が目的ではないので、これ...

  •  0
  •  0

鬼頭莫宏短編集「残暑」 感想

No image

鬼頭莫宏短編集 残暑   この単行本はその名の通り、「なるたる」や「ぼくらの」などの作者としてそれなりに有名である鬼頭莫宏さんの短編集です。掲載紙や掲載年はばらばらですが、何とかこうやって無事に一つの単行本として発行出来たようですね。鬼頭莫宏短編集 残暑 (IKKI COMICS)(2004/06/30)鬼頭 莫宏商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

ヴァルキリープロファイル 感想

No image

ヴァルキリープロファイル PS1のゲームソフト、ヴァルキリープロファイルの感想を書いていきますよ。PSP版もありますが、私はPS1プレイヤーですのでやっぱりPS1版です。 スターオーシャンシリーズなども手がける、トライエースが開発したゲームです。調べてみると、トライエースとしての作品では3作目となるようですね。アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル(2006/07/20)PlayStation商品詳細を見る...

  •  0
  •  0

雪国 感想

No image

雪国  作 川端康成 ノーベル文学賞を受賞した川端康成さんの代表作の一つ、雪国について感想を書きます。 よく読書感想文の課題にもなる馴染みの深い小説ですね。雪国 (新潮文庫 (か-1-1))(2006/05)川端 康成商品詳細を見る...

  •  0
  •  0