李陵・山月記 感想

李陵・山月記   作 中島敦

 新潮文庫の「李陵・山月記」の感想を書きます。中島敦さんの作品を読むのはこれが初めてです。
 この文庫には表題作以外に2編あり、「山月記」「名人伝」「弟子」「李陵」の4編が載っています。調べてみると、山月記以外は没後発表作だそうな。

李陵・山月記 (新潮文庫)李陵・山月記 (新潮文庫)
(2003/12)
中島 敦

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 小説, 中国, 中島敦, ,

web拍手 by FC2

天平の甍 感想

天平の甍   作 井上靖
 
 1957年に単行本化された歴史小説、「天平の甍」についての感想を書いていきます。
 西暦730年代~750年代(?)の時代、遣唐使船に乗り込んで唐で仏教を学ぼうとした日本人留学僧を主人公にし、その結果鑑真が日本にやってくるということを描いた小説です。鑑真が日本にやってきてどのような影響を与えたかということは、学校の歴史の授業で学ぶことですが、その裏にあった経緯を描こうとしたのがこの小説のメインのようですね。

天平の甍 (新潮文庫)天平の甍 (新潮文庫)
(1964/03/20)
井上 靖

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

web拍手 by FC2

潮騒 感想

潮騒   作 三島由紀夫

 1954年に発行された、三島由紀夫の代表作の一つである『潮騒』の感想を書いていきたいと思います。
 三島由紀夫の人柄と歴史と、この作品の登場を考えると謎が多いようですが、この記事ではあくまでもその内容のみに注目していきたいと思います。

潮騒 (新潮文庫)潮騒 (新潮文庫)
(2005/10)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

web拍手 by FC2

小説「津軽」 感想

津軽   著者 太宰治

 36歳の太宰治が1944年から3週間にわたって津軽半島を旅行したときのことを題材とした小説、「津軽」の感想を書きます。
 wikipediaによると、紀行文っぽいけどフィクションも含まれているし太宰自身のことも多いので、「自伝的小説」のカテゴリに入るようです。
 「人間失格」などのような陰鬱とした雰囲気はあまり無く、戦争中に書かれたにも関わらず、案外「平和」な雰囲気漂う作品です。

津軽 (新潮文庫)津軽 (新潮文庫)
(2004/06)
太宰 治

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

web拍手 by FC2

硝子戸の中 感想

硝子戸の中   作 夏目漱石

 1915年1月13日から2月23日にかけて、朝日新聞に掲載された、夏目漱石最後の随筆だそうです。
 この作品の後は「道草」と「明暗」のみしかありません。身体が弱って死が間近に迫っている、夏目漱石の晩年らしい作品のように思えます。

硝子戸の中 (新潮文庫)硝子戸の中 (新潮文庫)
(1952/07)
夏目 漱石

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

web拍手 by FC2