漫画版 予告犯 感想 

予告犯    作 筒井哲也

 マンホールダズハントリセットなどのようなネットや社会問題をテーマにしたものを描いてきた筒井哲也さんが、2011年からジャンプ改で連載した漫画です。
 全3巻となっているため読みやすく、読後感も良いものです。
 小説、映画、ドラマにもなったヒット作品です。

いや、決してNEWGAMEのコラの影響で読み始めたのではなく…

続きを読む »

アルキヘンロズカン 感想 

アルキヘンロズカン   作 しまたけひと

 同人誌として販売されていたものが出版社のお眼鏡にかなったのか、市販の単行本として出版されることになった、四国遍路を題材とした漫画の「アルキヘンロズカン」の感想を書いていきます。
 作者は「しまたけひと」と言う人ですが、いくつかのペンネームがあります。「ごくつぶし」とかでしたっけ?wikipedia見ると、案外活動期間が長いんですね。名前は知っていたけれども、デビュー年は知らなんだ。

アルキヘンロズカン(上) (アクションコミックス)アルキヘンロズカン(上) (アクションコミックス)
(2012/06/28)
しま たけひと

商品詳細を見る
アルキヘンロズカン(下) (アクションコミックス)アルキヘンロズカン(下) (アクションコミックス)
(2012/06/28)
しま たけひと

商品詳細を見る

続きを読む »

55歳の地図 感想 

55歳の地図   作 黒咲一人

 2004年7月から2005年2月にかけて週刊漫画ゴラクで連載された、黒咲一人さんによる「55歳の地図」の感想を書いていきます。
 黒咲一人さんは1970年に漫画家としてデビューし、以降多くの漫画を描いてきたようです。代表作は「ハスラー・ザ・キッド」「無頼風」など。ゆとりな私には聞いたことも無かったですが…(スンマセン)
 そんな彼が55歳のときに四国遍路を行います。その記録がこの作品。単なる観光遍路、というわけではないようです。その理由は下で。

55歳の地図55歳の地図
(2013/12/06)
黒咲一人

商品詳細を見る

続きを読む »

あたらしい朝 感想 

あたらしい朝   作 黒田硫黄

 月刊アフタヌーンで2006年9月から2010年12月にかけて不定期連載されていた漫画、『あたらしい朝』の感想を書きます。単行本は全2巻です。
 キーワードとしては、第二次世界大戦、ドイツ、海軍ってな感じでしょうか。黒田さんらしく、他の漫画とは一線を画すような味わいがある作品だと思います。

あたらしい朝(1) (アフタヌーンKC)あたらしい朝(1) (アフタヌーンKC)
(2008/08/22)
黒田 硫黄

商品詳細を見る
あたらしい朝(2)<完> (アフタヌーンKC)あたらしい朝(2)<完> (アフタヌーンKC)
(2010/11/22)
黒田 硫黄

商品詳細を見る

続きを読む »

未来日記外伝 感想 

雑記
 20代前半くらいで引退するオリンピック選手とかいるらしいですね。
 それにひきかえじぶn

未来日記モザイク (角川コミックス・エース 129-11)未来日記モザイク (角川コミックス・エース 129-11)
(2008/11/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る
未来日記パラドックス (角川コミックス・エース 129-16)未来日記パラドックス (角川コミックス・エース 129-16)
(2010/03/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る

未来日記リダイヤル オリジナルアニメDVD同梱 (カドカワコミックス・エース)未来日記リダイヤル オリジナルアニメDVD同梱 (カドカワコミックス・エース)
(2013/07/24)
えすの サカエ

商品詳細を見る

続きを読む »

漫画版うつろわざるもの 感想 

うつろわざるもの〜ブレス オブ ファイア4〜   作 壱村仁

 2000年に発売されたPS1ゲームの「ブレスオブファイア4」を、2007年に漫画化した『うつろわざるもの』の感想を書いてみます。
 2000年のゲームを2007年に漫画化するって、カプコンは一体どういう意図を持っていたんだろうか…。ブレス5でも2002年発売なのに。wikipedia見ると、携帯電話アプリのベースが全て4になっていることも関係しているのでしょうか。
 
うつろわざるもの~ブレス オブ ファイア IV~ コミック 1-5巻セット (BLADE COMICS)うつろわざるもの~ブレス オブ ファイア IV~ コミック 1-5巻セット (BLADE COMICS)
(2010/05/10)
壱村仁

商品詳細を見る

続きを読む »

街角花だより 感想 

街角花だより   作 こうの史代

 双葉社発行の、こうの史代さんのデビュー作や初期の短編が載っている単行本、「街角花だより」の感想を書きます。
 表題作の街角花だよりは、舞台となる花屋の店長が『日和』のものと『明石』のものがありますが、後者が古く、こうの史代さんのデビュー作のようです。

街角花だより (アクションコミックス)街角花だより (アクションコミックス)
(2007/03/12)
こうの 史代

商品詳細を見る

続きを読む »

漫画版ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 感想 

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編    原作 竜騎士07 作画 鈴羅木かりん

 本編完結編「祭囃し編」の後日談である、「賽殺し編」の感想を書いていきます。
 漫画版作画は鈴羅木かりんさん。思えば、「漫画版ひぐらし」と言えばこの人となったような気がします。鬼隠し編、罪滅し編、祭囃し編ときて、これですからね。始まりから終わりまで、よくやりましたね…。

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)
(2011/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

続きを読む »